17Live(イチナナ)の有名ライバー一覧

【17Live(イチナナ)】鈴木龍二Marinさんってどんな人?

鈴木龍二さん

鈴木隆二Martinさんはどんな人?プロフィールや素顔は?

ドラマーであり、DJでもある鈴木龍二さん。鈴木龍二さんは音楽活動として、HIGH BONE MUSCLEのドラムを担当しています。ドラムは体力勝負のようなところもある楽器なので、鈴木龍二さんは体も鍛えていますし、イケメンであることが魅力的。そこで、笑顔も爽やかな鈴木龍二さんのプロフィールや配信状況、人物像を徹底追及していきます。

プロフィール概要

早速ですが、鈴木龍二さんのプロフィールを見てみましょう。

ライバー名 鈴木龍二Martin
フォロワー数 14900
生年月日 ?年7月27日

東京の世田谷育ちで自分の生き様を音楽で表現すると豪語している鈴木龍二さんは、イチナナライバーとしても頑張っている人気者。TwitterやInstagramで見る鈴木龍二さんは、仲間にたくさん囲まれて充実したドラマー人生を送っているようです。

ちなみにライバー名にあるMartinって気になりませんでしたか?マーチンとは御年12歳のトラ猫のこと。開けたら閉めろと鈴木龍二さんが叱ると、こっそり練習で扉を開け閉めしているというマーチンちゃんの可愛い動画を発見しました。その動画は後ほど。顔立ちも賢そうで鈴木龍二ファンにとってもアイドル的存在。

さて、鈴木龍二さんのとあるライブまとめを見ると、東京からジャカルタ、北海道旭川という掲載がありました。また、長期のライブスケジュールでは、シンガポール、インドネシア、ベトナム、台湾と海外を飛び回る鈴木龍二さん。音楽は世界に通ずの如く、鈴木龍二さんはドラムによって世界を拡げています。

配信動画の内容

鈴木龍二さんの配信動画は言わずと知れたドラム演奏中心。Twitterでもドラムをカッコ良く演奏する鈴木龍二さんの姿をたくさん見ることが可能。見事なスティックさばきも見どころの1つで、楽しんでドラムを叩いているのが伝わります。

特に自分が楽しくないと人の心に響かないのが音楽ではないでしょうか。音を楽しむと書くくらいですから。鈴木龍二さんはドラムを演奏している時、体も心も踊っているのが良く分かります。イチナナライブでは思う存分ステキな鈴木龍二さんのドラム演奏を聴くことが出来るのです。

人間性や素顔は?

海外への挑戦が物語るように鈴木龍二さんは夢を追いかけて、その実現に向かって日々邁進している努力家と推察。ところで、Twitterの中によく登場する男性がいたのですが、調べていくと鈴木龍二さんのお兄様でした。鈴木啓(お兄様)さんも音楽活動をしていて、担当はボーカルとギター。

兄弟で音楽という一筋の同じ道を究めていくというのは、弟である鈴木龍二さんにとっても強い味方ですし安心でもあるでしょう。鈴木啓さんの姿を見て鈴木龍二さんも音楽へと興味が湧いたということでしょうか。兄弟の良い関係がTwitterからも見て取れます。

イチナナライブに、各地に足を運ぶライブにと多忙を極める鈴木龍二さんは、アクティブで2018年のある月はびっしりライブスケジュールが入っていました。そして、2019年に入って海外への進出が続いていますし、鈴木龍二さんは世界を見据えて日本での音楽活動に磨きがかかっているようです。

鈴木龍二さんの公式SNSアカウント

鈴木龍二さんのそれぞれのSNSアカウントは、次の通りです。

Twitter

鈴木龍二さんのTwitterアカウントは、@Rseekingです。Twitterでの鈴木龍二さんの様子をいくつかピックアップしてお届けします。

さすがにバキバキの肉体を誇る鈴木龍二さんの画像。

鈴木龍二さんはTwitterのところどころに自分の熱い思いを散りばめています。

Instagram

鈴木龍二さんのInstagramでのアカウントは、suzukimartin010。

僕のグルーブ人生シリーズは、今のところ23まであります。

View this post on Instagram

🥁生活の変化🥁 2018年春🌸 様々な環境の変化の中、 今も変わらずにDrumを叩く日々を送らせて頂けています🙌🥁 小学校〜大学まで、 出会って来たみんなとは少し疎遠気味だけど、 昔よりも確実に夢に近付いて来ています🌸🌸🌸 みんなの耳や目に、 鈴木龍二、そしてHIGH BONE MUSCLEという名前が届くまでには、まだまだ越えなきゃいけない目標がたくさんありますが、 とにかく諦めないで走っていけば、1%くらいは開く道があるという事を信じて今日も走り続けています🙌🔥 図らずともどこかであなたの人生とまた交われる日まで、 とにかく前だけ向いて進み続けます🌸 春、別れも出会いも色々あるけれども。 《忘れない事》だけは胸に刻んで、 頑張ります。 #ドラム#笑顔#バンド#邦ロック#邦ロック好きな人と繋がりたい #邦ロック好きのフォロワーさんが増えることを願う#いいね#フォロー#フォローミー#我#tflers#17live#fun#band#love#instafollow#instagood#indies#Japanese#Taiwanese#Chinese#highbonemuscle#instalike#followme#音楽#music#like#drum#drummer#groove

A post shared by 鈴木 龍二 (@suzukimartin010) on

ドラムを楽しそうに叩いている鈴木龍二さんのこの笑顔は、誰もが魅了されることでしょう。

鈴木龍二さんの愛猫、マーチンちゃんの寝顔。枕が財布ということは、ご主人さまに出かけて欲しくない合図かも知れません。可愛すぎです。

Youtube

ありそうでなかったのが鈴木龍二さんのYoutubeアカウント。他が忙しいのでそこまで手が回らないのかも知れません。

鈴木龍二Martinさんのイベント成績

鈴木龍二さんの気になるイベント成績をご紹介。先ずは一周年イベントの超ライブ配信祭にてオリジナルコンテンツ部門特別賞を受賞しています。そして、2018金羽賞のプレイヤー部門で見事に日本人1位、総合4位に輝いている鈴木龍二さん、さすがです。また、2019で見てみると、イチナナサイトの投稿に金羽賞3位というのもありました。鈴木龍二さんは、イチナナの配信はより一層大切な空間になったと語っています。

鈴木龍二Martinさんの動画

鈴木龍二さんの動画はYoutubeでは見れませんが、Twitter、Instagramで十分堪能することが出来ます。

こちらが華麗なスティックさばきを披露している鈴木龍二さんのカッコ良いドラム演奏。ここでのコメントを見ると、鈴木龍二さんの本格的な最高の音・最高のドラムセット・最高の演奏を届けたいという思いが伝わってきます。

こちら先ほど紹介した練習しているマーチンちゃん。

打楽器を見ると叩きたくなるのかも。鈴木龍二さんのドラム愛が凄すぎます。

まとめ

ドラムに全てを捧げていると言っても過言ではない日々を過ごしている鈴木龍二さんは、幸せ者。トップイチナナライバーとなれる日も遠くはないと確信しますし、ドラマーとして有名になる日も近いのではないかと思わせる鈴木龍二さんです。真面目で明るくて、ドラムの音や音楽で人々の魂を心地よく揺さぶりたいと活動する鈴木龍二さんの応援、フォローをよろしくお願いします。