17Live(イチナナ)の使い方・基礎知識

17live(イチナナ)の「安全確認」アラートの原因や対処法を徹底解説!

アラート

17live(イチナナ)安全確認アラートって何?

安全確認アラート17Live(イチナナ)でライブ動画を配信している中で、『安全確認アラート』というものを見たことがある方もいるかもしれません。

安全確認アラートとは、一体どんなものなのでしょうか?
17Live(イチナナ)を利用するにあたって、どんな不都合があるのでしょうか。

本記事では、その安全確認アラートについて、特徴や原因、出てしまった時の対処法などを詳細に解説します!

17live(イチナナ)安全確認アラートが出て配信できないケースが発生

安全確認アラート17Live(イチナナ)でのライブ動画配信中に『安全確認アラート』が発生し、以降の配信ができなくなってしまう事案が確認されています(2019年11月現在)。

17live(イチナナ)で安全確認とアラートが表示される

安全確認アラート『安全確認アラート』が発生すると、ライブ動画配信が中止されてしまいます。『ただいま、ライブ配信ルームの安全確認を行っております。しばらくお待ちください』という文言が画面上に表示され、そのまま配信が停止してしまうという不具合です。

この安全確認アラートは改善されておらず、また、何のために発生するのか、公式側からもアナウンスがない状態が続いています

17Live(イチナナ)でライブ動画を配信中に安全確認アラートが出てしまう不具合の他、ライバー(配信者)側は問題なくアプリ上の操作ができている場合でも、リスナー(視聴者)側からはアラート発生のためにライブ動画が見られなくなっている場合もあります

おそらく、17Live(イチナナ)公式側がシステムメンテナンスを行うために、一時的にかけている制限ではないかとみられています。

17live(イチナナ)台湾本社よりランダムで制限が掛かっている

安全確認アラートなぜ、安全確認アラートが発生してしまうのでしょうか?

17Live(イチナナ)の本社がある台湾において、システムメンテナンスのために一時的に安全確認アラートを発生させているようです。

また、全サービスを一斉に停止させてしまうのではなく、ランダムで選出されたユーザーに対してのみ制限がかかるものと推定されています。

すべて17Live(イチナナ)台湾本社が主導となっているため、安全確認アラートに関して17Live(イチナナ)日本公式に問い合わせても、詳細な情報は得られないようです。

17live(イチナナ)の非公認ライバーのみ配信できなくなる

安全確認アラート17Live(イチナナ)の安全確認アラートが発生してしまうのは、主に17Live(イチナナ)の非公認ライバー(一般ユーザー)に限定されています。

公認ライバーには安全確認アラートは発生しません。

安全確認アラートが出る頻度は多くはないようですが、非公認ライバーとして17Live(イチナナ)を利用しているユーザーは、頭の片隅に入れておいたほうがいいでしょう。

17live(イチナナ)安全確認アラートが出て配信できない原因は?

安全確認アラート17Live(イチナナ)でライブ動画を配信中に『安全確認アラート』が発生してしまう不具合について、考えられる原因を一覧にまとめました。

特に、17Live(イチナナ)でライブ動画配信を始めたばかりの初心者ライバーだと、アラートが出やすいという情報があります。配信をする際には少々気をつけたほうがいいかもしれません。

初めての配信だと安全確認アラートが出易い

初心者初めて17Live(イチナナ)アプリを使用してライブ動画を配信する場合は、比較的に安全確認アラートが出やすいのではないかといわれています。

初心者であるにも関わらず想定外のアラートが発生してしまったら、思わず慌ててしまうかもしれません。これからライブ動画配信を始めようとしている方、もしくは始めて間もないという方は、アラートが出るかもしれない可能性に配慮しておきましょう。

レベル30以下だと安全確認アラートが出易い

安全確認アラート17Live(イチナナ)におけるレベルが30以下だと、安全確認アラートが出やすいといわれています。

17Live(イチナナ)アプリをまだ使い始めたばかりという方は、レベルが30に達するまではアラートが発生する可能性が高いと覚えておいたほうがいいかもしれません。

レベルはライブ動画配信を続けていくことにより、少しずつ上がっていきます。
レベルを一定数上げていくことにより、アカウント名が1度のみ変更できる特典も付与されるなど、メリットが多くありますのでコツコツ上げていきましょう。

スマホ配信だと安全確認アラートが出易い

安全確認アラートPCではなく、スマートフォンでのライブ動画配信だと、安全確認アラートが発生しやすいという情報もあります。

なぜスマートフォン配信だとアラートが出やすいのか、詳細な情報はありません。
PC配信だと発生しにくいといわれているため、以下の条件にあてはまる方は可能な限りPCで配信するようにしましょう。

・17Live(イチナナ)でライブ動画配信を始めたばかり(1回~30回程度)
・レベルが30以下のライバー
・獲得ギフトが30万以下(後述)

24時を越えないと安全確認アラートが出易い

24時17Live(イチナナ)の安全確認アラートは、台湾本社においてシステムメンテナンスを行うために一時的にかけている制限だとされています。

24時以降はメンテナンスのために稼働しているスタッフがいないことから、安全確認アラートも発生しにくい時間帯です。

よって、24時までのライブ動画配信では、安全確認アラートが発生しやすいといわれています。

ギフトが30万以下だと安全確認アラートが出易い

ギフト獲得ギフトが30万以下の場合も、安全確認アラートが発生しやすいとされています。

初回のライブ動画配信、レベルが30以下の場合もアラートが発生しやすい条件なので、17Live(イチナナ)でライブ動画配信を始めたばかりの初心者ライバーは注意しておきましょう

17live(イチナナ)で安全確認アラートが出て配信ができない場合の対処法

アラート17Live(イチナナ)でライブ動画配信をしている最中に安全確認アラートが発生してしまったら、どう対処すればいいのでしょうか?

本項目では、具体的な対処法について解説します。

配信を暫く繋ぎっぱなしにする

繋ぎっぱなしライブ動画配信中に安全確認アラートが発生してしまったら、そのまましばらくの間、配信を繋いだままにしておくとアラートが解除されることがあります

こちらは、あくまで『解除されることがある』というケースが複数報告されているのみなので、繋いだままにしていたら必ず解除されるわけではないようです。

万が一アラートが発生してしまったら、試しにそのまま一定時間置いておきましょう。
数分で解除されることもあれば、解除自体に1時間程度かかることもあるようです。

17live(イチナナ)運営に問い合わせる

運営問い合わせ安全確認アラートが発生し、ライブ動画配信中に一定時間放置していても解除されなかった場合は、17Live(イチナナ)の運営に問い合わせてみるのも1つの手です。

安全確認アラート自体は、17Live(イチナナ)の台湾本社によって発生させているものなので、日本運営に問い合わせてもはっきりとした回答は得られない可能性が高いです。

ですが、『こういった事例が発生しています』と報告をしておけば、運営側でデータや知見を分析し、具体的な解決策を示してくれるかもしれません

17live(イチナナ)で公認ライバーになる

公認ライバー手っ取り早い方法としては、17Live(イチナナ)の公認ライバーになってしまうという方法があります。

安全確認アラートは一般ライバーにしか発生しないものとされているので、公認ライバーになればそれ以降はアラートが発生しないということになります。

ですが、公認ライバーは申し込んだからといって、必ずなれるわけではありません

公認ライバーになったからには、視聴してくれるリスナーに向けて魅力的な配信を定期的に継続していかなければならない責任もありますので、しっかりと考えてから行動に移すようにしましょう。

17live(イチナナ)で安全なライブ配信や視聴を心がけよう!

アラート『安全確認アラート』は、17Live(イチナナ)をより向上させるためのシステムメンテナンスとして、台湾本社からランダムで発生されているもの。

発生してしまうこと自体は避けられないので、ライバーは常に安心・安全なライブ動画配信をするよう心がけましょう

17live(イチナナ)の「安全確認」アラートの原因や対処法まとめ

アラート17Live(イチナナ)アプリ内で発生する『安全確認アラート』について、その詳細や対処法を解説しました。

未だ全貌は明らかにされていないものの、今後、公式側から具体的な解決策が示されるかもしれません。万が一アラートの発生に遭遇してしまった場合は、焦らず本記事を参考に対処するようにしましょう