17Live(イチナナ)の配信方法・稼ぎ方

17live(イチナナ)のカラオケ配信・音楽やBGMの著作権を徹底解説

音楽

17live(イチナナ)で侵害してしまう「著作権」って一体なに?

音楽著作権17Live(イチナナ)だけではなく、ライブ動画配信アプリにおいて、許可なく音楽やBGMを使用してしまい配信が停止してしまうケースはよくあることです。

17Live(イチナナ)でも人気のカラオケ配信やダンス配信等では、音楽やBGMが必須。無音の中で歌ったり踊ったりするよりは、何かしらの音が欲しいものですよね。

ライブ動画配信内で許可なく音楽やBGMを使用してしまうと、『著作権』を侵害してしまう恐れがあります

この著作権とは、財産的権利とも呼ばれるもの。音楽だけではなく、漫画や絵画・デザイン・小説・キャラクターなど、人の手によって制作されたあらゆる著作物(合わせてその著者)に発生する権利を指す言葉です。

人の手によって、あらゆる努力が重ねられてこの世に生み出された音楽が、勝手に人のライブ動画配信においてBGMとして使われている様子を想像してみてください。自分が著者の側だったら、『勝手に使われるのは気分が悪い!』と思いますよね。

許可なく音楽やBGMを、ライブ動画配信において使用してしまうことは、この著作権を侵害してしまう行為にあたるのです。

17live(イチナナ)での著作権NG行為に気をつけて!

音楽著作権具体的に、どんなシチュエーションで、どんな音楽の使い方をしたら著作権侵害にあたってしまうのでしょうか?

本項目では、具体的な利用シーンを挙げながら、その例について詳細に解説します。

17live(イチナナ)でBGMとして音楽を流すのは、著作権NG!

音楽著作権
特にカラオケ配信やダンス配信をするわけではないけれど、ただ話しているだけなのも味気ないからBGMが欲しい……。

そんな時に、ただ何気なく音楽を流すだけでも、著作権侵害にあたってしまいます

手持ちのCD音楽を流すのはもちろんのこと、各種音楽配信サービスを利用して適当な音楽を流すことも避けておきましょう。

そもそも、なぜ音楽を流すことそのものが著作権侵害になってしまうのでしょうか?

音楽の著作権は、『JASRAC』という団体がその管理を担っています。音楽を使用したい場合は、JASRACのへ利用申請をし、受理を受けることが必要なのです。

『著作権フリー』と謳われているフリー素材BGMであれば、流していても著作権侵害にはあたりません

どうしてもBGMが欲しい場合は、著作権フリーの音楽を探しましょう。

17live(イチナナ)をカラオケボックスで行うのは、著作権NG!

音楽著作権
カラオケ配信をするにあたり、最も手っ取り早く簡単だと思われるのは、実際にカラオケボックスへ出向いてその場でライブ動画配信をしてしまうことです。

ですが、カラオケボックスでライブ動画配信を行うことも、著作権侵害にあたります

音楽そのものの権利はJASRACが管理しているものではありますが、一般的なカラオケボックスで流されるカラオケ音源については、そのカラオケボックスや音源制作会社に寄与することになります。

すると、一見カラオケボックスの責任者へ直接許可をとれば、カラオケボックス内でのライブ動画配信が可能なように思われますが、話はそう簡単には進みません。ほぼ許可をとることは難しいといっていいでしょう。

楽器を使ってのアコースティックライブ配信、または音楽を全く使用しないアカペラ配信については、JASRACの許可があれば可能です。

17live(イチナナ)をカラオケアプリで行うのは、著作権NG!

音楽著作権
カラオケボックスに直接出向いての配信と似ていますが、カラオケアプリを使用してのライブ動画配信も著作権侵害にあたります

カラオケアプリとは、スマートフォンにダウンロードすることで、まるでカラオケと同じように音楽や字幕を流してくれ、合わせて歌うことのできるアプリのこと。

カラオケボックスでの配信と同じく、使用する音楽の著作権はJASRACまたはアプリ制作会社・音源制作会社に寄与することとなるため、カラオケアプリを使用しての配信も現実的ではありません。

17live(イチナナ)でリミックス・DJした音楽配信を行うのは、著作権NG!

音楽著作権
CD音楽を流すのもダメ、カラオケボックスやアプリを使っての配信もNG……。

そうなると、『元の音楽をアレンジした、いわゆるリミックス・DJ後の音楽は著作権侵害にあたらないのでは?』と思いますよね。

リミックス・DJされた音楽であれば、元の音楽とは全く違うものになります。自身で手を加え、アレンジしたものであれば尚更、ライブ動画配信で使用してもOKに感じるでしょう。

ですが、結論としてはこちらのケースもアウトです。

いくらリミックス・DJをし、アレンジした後の音楽であったとしても、使用された元音楽の著作権は、ジャスラックや著作者にあります。いかなる場合であっても、配信で使用すると著作権侵害となるので注意しましょう。

17live(イチナナ)で市販の音楽に合わせてダンスパフォーマンスを行うのは、著作権NG!

音楽著作権
以上のケースから、音楽に合わせてダンスパフォーマンスを披露する、いわゆる『ダンス配信』も著作権侵害にあたることは、想像に難くないでしょう。カラオケ配信がダメなら、ダンス配信もダメなのは道理ですよね。

リミックス・DJ後の音源や、インストゥルメンタル等でも侵害にあたる可能性が高いです。JASRACの著作権侵害とする基準は極めて難しい部分がありますので、17Live(イチナナ)を通して確認するのが最も確実でしょう。

17live(イチナナ)で市販の音楽に合わせて演奏する(弾いてみた動画)を行うのは、著作権NG!

音楽著作権ダンス配信と同じく、音楽に合わせて演奏するいわゆる『弾いてみた動画』も著作権侵害にあたります

『声に出して歌ってはいないのだし、メインは自身が楽器で演奏するメロディなのだから、さすがにOKだろう……』と思ってしまう気持ちもわかります。ここでのポイントは、既存の音楽を背景に流して、それに合わせて演奏するという行為にあります

次で詳細を説明しますが、音楽を使用しないケースであれば、著作権侵害にはあたりません。

17live(イチナナ)でアカペラや楽器のみで他人の楽曲を演奏するのは、著作権OK!

音楽著作権音楽を流すことなく、完全アカペラで歌うこと、もしくは、音楽なしの楽器のみで演奏をすること自体は、著作権侵害にはあたらないとされています(2019年11月現在)。

あくまでも、音楽そのものを使わなければOKということですね。

JASRACによる音楽利用の著作権侵害基準は、非常に厳しいものではありますが、しっかりと必要な手続きをとり、申請料を支払えば安心安全に音楽を使用することができます。

次項目以降は、その申請方法についてです。

17live(イチナナ)で好きな楽曲を流すにはJASRACに申請をすれば大丈夫!

音楽著作権
『じゃあ、17Live(イチナナ)でライブ動画配信をする際に、好きな音楽は一切使えないの?』
と思ってしまいますよね。それでも、17Live(イチナナ)を見てみると、カラオケやダンス配信をして人気ライバー(配信者)になっている人はたくさんいます

実は、音楽の著作権を管理している団体『JASRAC』に利用申請をすれば、ライブ動画配信において好きな音楽を使用することは可能なのです!

以下で、その詳細について解説します。

JASRACって、一体なに?

ここまで度々出ている『JASRAC』とは、音楽の著作権を管理している団体のことです。

別名『一般社団法人日本音楽著作権協会』と呼ばれ、国内の音楽著作権を一挙に管理しており、それが同時に作曲者・作詞者等の権利を守ることにも繋がっています。

一般人であっても、必要な手続きをし、使用料を支払うことで、あらゆる場面で音楽を使用することが可能となる仕組みをつくっているのです。無断利用が横行してしまうと、作曲者・作詞者に適切な還元がされず、豊かな音楽が生み出される道を閉ざしてしまうことにもなりかねません。

JASRACは、著作権を管理することにより、作曲者・作詞者の権利を守ること、そして、利用者の手続きを簡素化させることを同時にかなえているのです。

17live(イチナナ)利用をJASRACに申請する方法!

音楽著作権17Live(イチナナ)で音楽を使用するには、JASRACに利用申請をすればOKです。

そして、17Live(イチナナ)のアプリからそのまま利用申請をすることが可能なので、17Live(イチナナ)でカラオケやダンス配信をする際は必ず申請手続きをするようにしましょう!

申請手続きの流れは以下の通りです。

①まず、17Live(イチナナ)のアプリを開き、トップページを表示させます。

JASRAC『注目』タブになっていることを確認し、画面下へスクロールします。

②『使った楽曲を報告』バナーが出てくるので、そちらをクリック。

楽曲報告
③『JASRAC楽曲使用申請』ページが表示されます。
楽曲報告自身の17IDもしくは氏名を入力した後、『JASRAC作品コード』欄にあるURLをクリックします。

楽曲報告④『作品タイトル』欄に、使用した音楽の曲名を入力して、右上にある検索ボタンを押すと……。

楽曲報告曲の一覧が出てくるので、該当するものの『作品コード』をメモ!

楽曲報告⑤メモしておいた作品コードを、『JASRAC作品コード』欄に入力します。

楽曲報告⑥次に、『IVT区分』『原詞訳詞区分』『IL区分』それぞれ、該当するものをタップします。

『IVT区分』:詞と曲両方使用したのか、片方のみか
『原詞訳詞区分』:オリジナル曲かカバー曲か
『IL区分』:国内楽曲か海外楽曲か

⑦最後に、『再生回数』と『再生曲数』を入力して終了です!

楽曲報告
少々手間に感じるかもしれませんが、音楽を使用するカラオケ配信・ダンス配信をしたあとは、しっかり申請手続きをしておきましょう!

17live(イチナナ)イベントの「カラオケグランプリ」は大丈夫?

音楽著作権17Live(イチナナ)を普段からよく使っている方であれば、ここで1つの疑問がわくかもしれません。

『カラオケ配信で音楽を使うのが著作権違反なら、イベントは大丈夫なの?』

17Live(イチナナ)でも上位人気にイベントである『カラオケグランプリ』では、もちろんたくさんの音楽が使用されています。これまでの話を踏まえるなら、もちろん著作権違反にあたってしまいそうですよね。

イベント『カラオケグランプリ』で音楽を使用するのはOKなのでしょうか?

17live(イチナナ)主催カラオケグランプリは、LIVEDAMと提携しているから大丈夫!

音楽著作権17Live(イチナナ)が主催している大人気イベント『カラオケグランプリ』は、カラオケ配信サービス『LIVE DAM』とのコラボレーションイベントとなります。

よって、カラオケグランプリで音楽を使用し、歌を歌うのは著作権違反にはあたりません!

数ある17Live(イチナナ)ライバーの中でも、特に歌が上手い『歌うまライバー』を決めようという趣旨のイベントなので、音楽が使えないとなってしまったら、困ってしまいますよね。

17live(イチナナ)主催カラオケグランプリの概要はこちら!

音楽著作権17Live(イチナナ)大人気イベント『カラオケグランプリ』は、歌が上手い『歌うまライバー』を決めようという趣旨のカラオケイベント!

こちらはトーナメント形式で行われるもので、リスナー(視聴者)の投票によって上位10名の歌うまライバーが選出され、さらなる審査やリアルイベントをもってトップの歌うまライバーを決めるという流れで進んでいきます。

賞金はもちろんのこと、見事トップに輝いたライバーには豪華リムジンクルーズ旅行がプレゼントされるなど、本格的なイベントです。

過去に行われたカラオケグランプリは、おおよそ以下のような流れで進行しました。

①イベント期間中に指定のギフトを集める
②参加権を獲得した上位10名のライバーがリアルイベントへ参加
③リアルイベント当日のパフォーマンスに対してリスナーが投票
④投票結果により優勝ライバーが決定!

この『アプリ内イベント』+『リアルイベント』の合わせ技で、いかに多くのギフトや点数を獲得し、上位を目指すかが肝なイベントなっています。

17live(イチナナ)のカラオケ配信・音楽やBGMの著作権のまとめ

音楽著作権17Live(イチナナ)での、音楽を使用したカラオケ配信・ダンス配信は著作権侵害にあたる問題について、著作権そのものの概要を踏まえ解説しました。

やはり17Live(イチナナ)でライブ動画配信をするからには、自分の特技を活かしたいと思うもの。それが歌やダンスだったなら、必然的に音楽の著作権についても勉強し、慎重に取り扱う必要があります

自身のライブ動画配信で著作権侵害をしないためにも、音楽を利用する際はしっかり確認し、必要な手続きを怠らないようにしましょう!