17Live(イチナナ)の配信方法・稼ぎ方

17live(イチナナ)ライブ配信おすすめ機材・使用方法を徹底解説!

機材

Contents

17Live(イチナナ)ライバーの基本的なおすすめ機材と使用方法!

『17Liveでライブ配信を始めたい!』

そう思った時に必要な、配信用スマホやスマホ用スタンドなどの最低限な機材から、より高クオリティなライブ配信をするための専門機材情報までを網羅しました。

17Liveでライブ配信を始める際の参考にしてもらえたら幸いです!

17Live(イチナナ)ライバーの基本機材①:配信用スマホ

17Liveで配信をするためには、まず配信用のスマートフォンが必須です。
ミキサーやiPadなど他機材と接続しやすいという点から、比較的iPhone(またはiPad)のほうが扱いやすいといえます。

Androidスマートフォンでも配信は行なえますが、定期的に最新バージョンへのアップデートが必要です。配信中にたびたびアプリが落ちてしまうなど、不具合が多数報告されています。

17Live(イチナナ)ライバーの基本機材②:スマホ用スタンド・三脚

配信用のスマートフォンやタブレットを用意したら、次に必須機材となるのはスタンドや三脚です。

スタンド・三脚がなくても配信は行なえますが、手持ちで配信を続けていると、どうしても画面の手ブレが気になってしまいます。視聴者(リスナー)からすると、常に揺れているライブ配信は見にくいので離脱率が高くなってしまうでしょう。

3点でしっかり固定できるタイプが理想的
高さも自由に調整することができるものを選べば、自分が一番盛れる角度でライブ配信することもお手の物です。

17Live(イチナナ)ライバーの基本機材③:自撮り用ライト・照明

スマートフォンやタブレットを使用してライブ動画を配信することを考えると、やはり明るさが足りない場合が考えられます。『暗くてあまり顔が見えない……』と思われないように、自撮り用ライトや簡易照明を用意しておきましょう

17Liveの人気配信者(ライバー)やトップYouTuber達は、必ずといっていいほどライトや照明を準備しています

やはり費用をかけて良いライトや照明にすると、画面の見え方・盛れ方も変わるようです。自分の配信スタイルに合わせて、どのレベルのライト・照明を使うか調整してみましょう。

17Live(イチナナ)ライバーの基本機材④:BGM配信機器

通常、ただライブ配信をしようと思ったら、背景にBGMなしのいわゆる『無音配信』となってしまいます

より多くのリスナーがついているライバーは、総じて背景に何かしらのBGM・音楽を流して配信しているもの。ライブ配信を始めた当初はいいかもしれませんが、長く配信していきたいと思った場合には、背景にBGMを流す『BGM配信機器』が必要かもしれません。

元々自宅にあるオーディオ機器やPCなどを使用して、そのままBGMを流せば配信で拾ってくれます。

また、『オーディオインターフェース』というものを使用すれば、音楽を直接スマートフォンへ流すことも可能。高価なので、機材の導入はしっかりお財布と相談してからにしましょう。

17Live(イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材と使用方法!

よりリスナーに喜んでもらうための配信をするには、室内だけではなく屋外での配信を試してみるのも一興。いつも同じ背景よりも新鮮みがあって飽きさせません。固定リスナーを確保するのにも繋がるでしょう。

屋外で配信する際のおすすめ機材や、歌配信(音楽配信)をする際に必須な機材についてまとめました。

17Live(イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材①:配信用マイク

室内でライブ配信をする場合には問題ないかもしれませんが、屋外で配信をする場合に気になるのはやはり『音』ですよね

声以外の、風の音や車の音などを拾ってしまう場合が考えられます。ノイズとなり、リスナーにとっても聞いていて快適な配信とはいえません。

屋外で配信する専用の『配信用マイク』を用意しましょう。一般的なのは、小さな声でもしっかりと拾ってくれるイヤフォン付きのマイクです

よりクオリティの高い歌配信などをしたい場合は、少々お値段は張りますが、コンデンサーマイクなどの良い機材を用意するのがおすすめ!

こういったコンデンサーマイクは、以下のようなオーディオインターフェースとセットで使用するのが一般的です。エコーをかけてよりプロ仕様な配信にするためにも必須ですので、リサーチにリサーチを重ねましょう。

以下のような接続ケーブルも別途用意しなければいけませんので、より高品質な配信をする場合はどんなものが必要なのかしっかり確認するようにしましょう。

その他、変換アダプタやマイクには以下のようなものもあります。自分がどんな配信をしたいのか、スタイルに合わせて用意するのがおすすめです

17Live(イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材②:ミキサー(オーディオインターフェース)

『ミキサーやオーディオインターフェースってなに?』と思う方もいるでしょう。アーティストがレコーディングで使用する、音をより良く出力する機械だと思ってもらえれば十分です。様々な種類のものがあり、値段も千差万別です。

スマートフォンでのライブ配信であれば、選ぶ基準は『スマートフォン用の接続ケーブルがあるかどうか』

スマートフォンでの配信に対応しているかいないかで、扱いやすさが一気に変わってきます。17Liveのトップライバーでも使用者が多い以下のようなオーディオインターフェースがおすすめです。

17Live(イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材③:モバイルバッテリー

屋外で長時間のライブ配信をしようとすると、やはり心配なのは充電がもつかどうかですよね。いざという時のためのモバイルバッテリーは欠かせません。

リーズナブルな価格で、かつ3~4回はフル充電ができ、持ち運びもしやすい軽量サイズなら尚よし。モバイルバッテリーを選ぶ際の参考にしてください。

また、屋外だとWi-Fi環境が整っていない場合も多々あります。モバイルバッテリーと合わせてポケットWiFiも用意しておくと、より安心して配信に集中できるでしょう

17Live(イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材④:2台目スマホ・iPad

ライブ配信に使用するためのスマートフォンとは別に、2台目のスマートフォンやタブレットも用意しておきましょう。

配信するために必須なわけではありませんが、配信しながらにして自身の順位を確認したり、Twitterなどでリスナーの反応を見る&配信の宣伝をするなど、持っておくととても便利です。

2台持ちの費用をなるべく抑えるためにも、新たにスマートフォンをキャリア契約するよりは、iPadを用意するのがおすすめ!

17Live(イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材⑤:ギター

盲点かもしれませんが、歌配信をしようと思ったら音楽は必須です。

バックに音楽を流すのもいいですが、アコースティックギターなどを使って弾き語り配信をしてみるのもおすすめ。特にアコギであれば初心者でも覚えやすく、扱いやすいので早めに弾き語り配信デビューできるはずです。

17Live(イチナナ)上級者向け!Web配信におすすめ機材と使用方法!

ここまできたら、後は上級編!

17Liveでのライブ配信に限らず、より高クオリティなライブ配信を目指すために必要な機材をまとめました。予算と相談しながら少しずつ揃えていき、プロ仕様な配信へと近づけていきましょう。

17Live(イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材①:ポップブロッカー

ぜひマイクとセットで準備してほしいのが、ポップブロッカー(ポップガード)です。これがあるのとないのとでは声の入りが変わってくるので、よりリスナーにとってストレスの少ない配信をすることができ、ファンも増えるでしょう。

マイクスタンドにポップブロッカーが付属になっているタイプのものもあるので、合わせて用意するのもおすすめです。

17Live(イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材②:マイクアンプ

マイクからの出力音声を調整するために必要なのは、マイクアンプ(マイクプリアンプ)と呼ばれる機材。これを使うことによって、より迫力があるのに雑味のない音をつくりだすことができます

以下のマイクロフォンアンプは、17Liveのみではなく、あらゆるライブ配信やYouTube動画においても使用者が多い、定番のアンプです。扱いやすく、ユーザーが多いためネット上に使い方のコツなどがたくさん出回っているのもメリット!

17Live(イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材③:ライン入力ケーブル

マイクアンプ(マイクプリアンプ)からスマートフォンやPCに繋げるためのケーブルです。スマートフォンの音声をPCへ出力するのにも使えます。

この辺りの機材詳細や使い方などは、PCに詳しくないと扱いが難しいかもしれませんので、店員さんやライブ配信に詳しい知り合いに訊ねながら間違いのないよう揃えていくのがポイントです。

17Live(イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材④:ディフューザー

照明・ライトに被せて使うディフューザーという道具があります。

ライブ配信をする際に、ただ顔を明るくしようと照明やライトを当ててしまうと、複雑な凹凸によって綺麗に照らすことができません

照明・ライトにディフューザーを被せることによって、定点的な光源が柔らかく分散し、顔を全体的に明るく照らし出してくれます。よりプロのような画面で配信することが可能になるので、余裕がある方はぜひ準備してください。

17Live(イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材⑤:コンバーター

スマートフォンとPCを繋ぐのに『コンバーター』という機材が必要です。

ネット配信には欠かせない機材で、繋ぐのにHDMIケーブルを使うのもポイントのひとつ。コンバーターのみ用意しても意味がないので、接続用のケーブルも合わせて準備するようにしましょう

17Live(イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材⑥:キャプチャデバイス

キャプチャデバイスとは、スマートフォンやPCに映し出された映像を録画し、データとして取り出して保存するための機材。

より高度なライブ配信を目指すなら、自身のライブ配信動画を見直して改善点を探り、次回以降の配信に活かすのも立派な仕事です。

17Liveでのライブ配信をはじめ、1台あるとゲーム実況動画なども作成できますので、持っておくと便利!

17Live(イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材⑦:HDMIケーブル

一般的には、テレビとゲーム機器・レコーダー機器などを接続するためのケーブルを指す言葉ですが、前述のように、スマートフォンやPCとコンバーターを繋ぐためにも使用できるのがHDMIケーブルです。

屋外で配信することも考慮すると、より持ち運びのしやすいケーブルにしておくのは重要!

17Live(イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材⑧:ウェブカメラ

スマートフォンのカメラでは物足りない、と思うようになったら、ウェブカメラを使ってみましょう。

最近のウェブカメラは、安価でも画質が良いものがたくさん出ているので、予算内で好みに合うものを選ぶのが得策です。

17live(イチナナ)ライブ配信おすすめ機材・使用方法まとめ!

17Liveでライブ配信をする際の、最低限必要な機材から、より高クオリティな配信をする際のおすすめ機材まで、一挙に網羅し紹介しました。

あなたのライブ配信にたくさんの固定リスナーがつきますように!