17Live(イチナナ)の配信方法・稼ぎ方

17live(イチナナ)ライブ配信でエコーをかける方法を徹底解説!

17live(イチナナ)ライブ配信でエコーをかける方法とは

17Live(イチナナ)には現在かなりの数のライバーがいますが、その中で目立とうと思えば普通のトーク配信などではかなりの雑談力がないと埋もれてしまいます。しかし歌配信や演奏配信は人気が高い傾向にあり、歌配信で人気になることがトップライバーになることへの近道ともいえます。

歌配信や演奏配信などをしているトップライバーや人気ライバーの配信を見て、『かっこいいな』『歌うまいな』と思ったことってありますよね。お気づきの人も多いと思いますが、そんな歌や演奏を要にしている人気ライバーのほとんどがエコーをきかせています。

エコーをきかせた方がよりうまく聞こえるし、配信のクオリティも上がるので、これから歌や演奏をメインで配信していきたいと考えている人は、絶対エコーはきかせた方がいいです!

しかし、『エコーってどうやったらつけられるの?』、『必要な機材とかたくさんそろえなきゃなんないんでしょ?』と思っている人は多いのではないでしょうか。今回はそんな人たちのために、17Live(イチナナ)でエコーをかける簡単な方法をわかりやすくご紹介していきます。エコーをかけて配信の質を上げ、ライバルとの差を伸ばしましょう!

17LIVE(イチナナ)でエコーをかける方法【コンパクトインターフェースを使う】

インターフェイスを使う

まず一つ目の方法として、オーディオインターフェースを使用するという方法があります。マイクやギターなどの楽器の音をオーディオインターフェースを通してスマートフォンに出力でき、ライブ配信で歌配信をしているトップライバーのほとんどが使用している機材です。

オーディオインターフェースはさまざまな種類が販売されていますが、17LIVE(イチナナ)ライバーがよく使っているのはコンパクトインターフェースで、普通のインターフェースよりも手のひらサイズのとってもコンパクトなものが多いようです。場所を取らないのが嬉しいですね。

使い方は、マイクとスマートフォンの間にコンパクトインターフェースを挟むだけととっても簡単で、あとはエコーボタンを押すだけでエコーがかかります。

エコー以外にもさまざまな機能がついていることが多く、ものによっては効果音やBGM、ボリュームを最適音にしてくれるコンプレッサー機能を兼ね備えたものもあり、安いもので数千円から、高いものでは数万円するものもあります。

実にいろいろな種類のコンパクトインターフェースがあるので迷ってしまいますが、最初は安いものから試してみてはいかがでしょうか。

17LIVE(イチナナ)でエコーをかける方法【マイクを使う】

マイクを使う

2つ目はマイクを使ってエコーをかける方法です。この方法は一番簡単で、『難しいことはわかんない!』という人におすすめです。

準備はマイクを買うだけで、あとはマイクについているエコーボタンを押すだけでエコーがかかります。とっても簡単なうえに、ラジオパーソナリティのようなビジュアルで一気に配信感がアップします。さらにプロっぽく見せたい場合はマイクスタンドを使ってみるのもいいかもしれません。人気ライバーの多くはビジュアルにも気を使っています。

マイクの種類はいろいろありますが、数千円から買えるものも多く、難しい設定は苦手だけどエコー機能はほしいという人はマイクを使ってエコーをかける方法が一番簡単といえます。

 

17LIVE(イチナナ)でエコーをかける方法【パソコンのライブ配信ソフトを使う】

専用ソフトを使う場合

3つ目は配信ソフトを使用する方法ですが、この方法はパソコン操作やメカに弱いという人には少し難しいと感じてしまうかもしれません。

ライブ配信ソフトには有料のものもありますが、エコーをかけるだけなら無料のもので十分で、人気ライバーは『OBS Studio』という配信ソフトを使用している人が多いようです。

手順としてはOBS Studioと機能拡張プログラムのVSTプラグインをインストールし、OBS Studio側で設定するとエコー機能が使えるようになります。

パソコンに詳しくない人には少々難しいかもしれませんが、配信ソフトを使うことでオーディオインターフェースやマイクをそろえなくても、USBマイクでエコーがかけられます。マイクなどの機材はないけどパソコンに詳しいという人にはおすすめの方法といえますね。

17live(イチナナ)ライブ配信でエコーをかける方法まとめ

今回は、17Live(イチナナ)のライブ配信でエコーをかける方法を3つ紹介しました。

設定など難しいことはよくわからないという人は、マイクを買ってボタンひとつでお手軽にエコーをかける方法が最適ですが、エコー機能のほかにもBGM機能なども使いたいという人はコンパクトインターフェースを使用する方法がおすすめです。

パソコンにある程度詳しく、機材をそろえるのが面倒という人はOBS Studioなどの無料の専用ソフトを使用するのがコストもかからずおすすめです。

それぞれさまざまなメリットデメリットがありますが、自分に合った方法でエコーを使いこなしライブ配信を楽しみましょう!